聞こえない声

 

治療を行う場合に最も重要な事は、正しい症状又は状況の把握です。
師匠は「聞こえない声を聴け」と教えました。

「聞こえない声は、聞こえない」と
その後、30数年の治療師をして参りました。
今やっと、「聞こえない声」の存在が解る様になりました。

人と人の間を人間と言います。
その間には、表現と認知もしくは理解と言う作業があります。

患者さんは表現、言葉による症状の訴えです。
痛みは、数字になりません、場所も正確に表現すると難しい作業です。
その為、心を砕きながら、心配しながらの表現です。
言葉の意味するところをしっかりと聞く事が大切です。

治療師は、理解、認知です。
「言葉に出来難い症状を正しく理解する」能力が必要です。
三叉神経痛の患者さんの奥歯を2本も抜いた歯科医もおります。
ご自分の甘さから「正しい症状」を把握できなかった事件です。

「聞こえない声」とは、心の声であり、身体の声です。
もの言わず、語る事をしない世界。
皮膚上の気の世界であり、想いの世界の声です。

でも、感じる事は出来るのです。
そして感じて受け取る必要があるのです。

「なんと、気の利かない」「気配りがない」
「気が付かない}等の言葉は此処からきています。

治療師にとって都合の良い言葉は、よく響きます。
でも、嫌な言葉や自信無い症状のお話は聞こえません。
耳は自動的に「雑音消去」をします。
不必要な音を消去して、重要な音を拾う行為です。
それは心が自動的に行う「言葉消去」です。

「治せないで治療費を請求するのは、詐欺行為だ」と

治療師は心で言葉の消去して聞こえず、文句に切り替えます。
患者さんは、有り難いお話だと良く聞こえ心に響きます。

師匠の「聞こえない声を聴け」の言葉を
治療師として「思いを大切に受け取るように聴け」と自分に念じます。

「患者さんの言い分を聞いていない」
「患者さんの想いを自分の心に響かせていない」
そんな間違いだらけの中、今日もひとつ聴かせて頂けたと
有り難い治療師生活の中にいます。