骨が痛みますか

 ギックリ腰や寝違いそして五十肩やひざ関節炎

 とても痛い病気ですが?

 骨が痛いのですか?

 

 基本的に骨が痛い場合

 動かさない場合に痛む事になります。

 

 筋肉が痛む場合は、

 動かす「筋肉に力が入る」時に痛む事になります。

 

又、リウマチや痛風などは、膠原病ですので膠原抗体の炎症による痛みです。

神経痛は神経炎症による痛みです。

骨とはあまり関係が無い痛みです。

Ⅹ線撮影を行っても、特別に骨に異常はありませんねと言われます。

 

医療機関で治療を続けても、即効性の少ないものです。

鍼灸が神憑りの治療効果を発揮するものが

筋肉性の捻挫と呼ばれるものです。

 

ギックリ腰、寝違い、肉離れ、肋間筋捻挫、突き指、手足関節捻挫です。

技術の良し悪しがあり、すべてを1回の治療で完治させる技術を持つ者は僅かですが。

本気で学び続ける者には、簡単な治療です。

 

なぜならば、鍼治療は負傷筋を瞬間に治す技術があるからです。

鍼により負傷筋の電流をアースすると、MUと呼ばれる筋ユニットの硬縮が瞬時に緩むからです。

私の治療経験の中でギックリ腰を取り上げますと

100人を治療した場合、1回で治療が終了するものが50人程

2回の治療で終了する者が46人程、残り4人程が継続治療になります。

 

ですから、初診者から1回で治してくれるものと思って来られます。

せめて2回に迄、お願いしますと患者さんに断っております。 この項(院長)