首.肩.腰.膝の痛みでお悩みの方へ

原因をはっきりさせる事が治る治療の一歩です!

灸治療と治癒の歴史

 

 

 

もぐさ商人より、昭和11年4月18日発行された 伊吹艾と亀屋左京 

題する本を頂きました。

 

 

 

お灸治療は、色々と諸本が発行されていますが、お灸に使う艾(もぐさ)

について書かれた本は少ないようです。

 

しかし、お灸をする上で一番大切なものは  です。

 

艾でも、質の悪いものや隔絶灸用(燃焼温度の高い)を間違って

使用すると必要以上の火傷を作り、大きな水泡を生じさせてしまう

事になりとても治療にはなりません。

 

伊吹艾のご本の中には、法然聖人後白河法皇の灸治の日記や

日蓮聖人の『開日鈔』が紹介されており、

 

特に日蓮聖人の 

「子供ニ灸治ヲ加レバ 必ズ父母ヲアダム、

又一子ノ重病ヲ 灸セザルベキヤ」

との言葉の意味には、心胆を震える想いが感じられました。

 

後白河法皇の日記「玉葉」には

「此日吉日ニ依テ「宮」御灸治ヲ加ヘ給フ、御腹痛云々」

と詳しく昔の事例を記載されております。

 

中でも、亀屋左京氏の名園蔵六亭で休憩をされた

諸大名の掲示札の記載を見て驚きました。

 

歴史上の有名人が数多く、抜書での一部を紹介しますと…

 

天保申年 

2月 金地院

4月 藝州家中

5月 薩州家中、同 片桐石見守様

9月 御目付

 

天保酉年

4月 小笠原大膳太夫様 

5月 織田大和守様、土佐家老、柴田織部様 

8月 伊達但馬様、北條遠江守様

 

天保戌年

4月 本願寺  

9月 身延山上人

 

天保亥年

5月 毛利伊勢守様、

8月 板倉伊豫守様、同 伊達遠江守様 等々、

 

恐らく全ての大名が一度は立ち寄ったと考えるに足る資料です。

 

亀屋左京氏に付いては、江戸吉原で散財し 芸者衆を通して

「伊吹さしもぐさ」の歌を歌わせて宣伝し、伊吹の艾を広めた

豪商で色々な逸話が残る人であります。

 

この資料等からも推測出来るように、灸治療は今から

五百年ほど前は、日本の中枢を担う人達が健康維持の為に

盛んに行われていた事実を物語っておりますし、この方々は

あらゆる面において、確かな知恵や情報を持ち合わせて居た人々です。

 

その人々がこぞって、お灸治療をされたと言うことは、

当時からお灸の治癒効は、かなり高いレベルであったと考えるべきです。

 

 

当時、江戸市内で艾の売り子が連呼した掛け声は

 

「 エ~ 名物伊吹艾で 御在

此の艾で 灸治すれば、病の神は逃げて仕舞、

万病必ず全快は請け合いです エ~ 名物伊吹艾~ 」


宮崎 施術処まるいあん 矢の先

藤河内渓谷山の道

鍼灸なら痛みや熱さが全く無く痕も残りません

お灸治療

宮崎 施術処まるいあん 矢の先


お灸・はり、「怖い、痛い」という

イメージがありますが、当院では

お灸は灸点紙を使用して、灸熱緩和

成功しています。
はりに関しては痛くなく、響く施術を

心掛けております。


 ◆灸点紙を利用して、灸熱を緩和します。

灸とは、久しくもぐさに火を点ける施術のことです。やいと、えつ、とも言います。

久しいとは優しいとも取れる言葉です。いかに体に優しく、火傷による新陳代謝を

促すかが大切な使命です。血液を新しくし、新生血管をつくる事により神経や

筋細胞を賦活させる。やいとの大きな役割使命はこの事にあります。

 

はり治療

宮崎 施術処まるいあん 矢の先

治 療 法

ステンレス製の細いはりを用いて、痛みや神経の異常興奮や麻痺又は鈍磨の回復を図る技術。

治 療 感

ある程度の治療技術を持つ者による治療では、長針や中国針また太針等による刺入であっても、我慢する程の痛みは無い。捻挫や打撲等のケガ部位に施術する場合のみ軽い痛みを感ずる事がある。

 

※使用する鍼は、個別包装されており、すべて使い捨て(ディスポーザブル)です。